WHO、武漢中間報告書の発表を突然中止…「人々の好奇心を満たせない」

掲載媒体 : 中央日報

新型コロナウイルス感染症の起源に関する世界保健機関(WHO)調査チームの中間報告書の発表が中止になったと、ウォールストリートジャーナル(WSJ)が4日(現地時間)報じた。

WSJによると、WHO調査チームを率いる動物疾病専門家ピーター・ベン・エンバレク氏は中間報告書を発表しないと明らかにした。その代わり数週後に最終報告書を出すという。エンバレク氏は「この報告書に対する関心があまり大きく、要約本では人々の好奇心を満たすことができないだろう」と述べた。

これに先立ちWHOのテドロス事務局長は先月12日、「来週、武漢調査チームが任務を要約した中間報告書を発表する」と伝えたが、その後、発表が延期された。

【関連記事】


【 掲載媒体 / Screen capture 】