元朝日記者の敗訴確定 慰安婦報道訴訟―最高裁

掲載媒体 : JIJI.COM

 元朝日新聞記者の植村隆氏が、自身の従軍慰安婦問題に関する記事について「捏造(ねつぞう)報道」などと書かれ、名誉を毀損(きそん)されたとして、研究者の西岡力氏と文芸春秋に損害賠償などを求めた訴訟で、最高裁第1小法廷(小池裕裁判長)は12日までに、植村氏側の上告を退ける決定をした。11日付。植村氏の請求を棄却した一、二審判決が確定した。」

全文は掲載元でご覧ください

【 掲載媒体 / Screen capture 】