中国の挑発「日米連携で対処」、米が同盟強化へ文書

掲載媒体 : 日本経済新聞

【ワシントン=永沢毅】米国務省は14日、ブリンケン国務長官とオースティン国防長官の訪日にあわせて日米同盟の強化に向けた文書を発表した。中国による挑発行為に日米が連携して対処すると記し、中国への対抗姿勢を明確に打ち出した。

 高速通信規格「5G」など経済安全保障でも連携する方針を示した。

 ブリンケン、オースティン両氏は15日に訪日した。就任後初めての海外訪問先に日本を選んだ。

 茂木敏充外相、岸信夫防衛相とともに16日の外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)に臨む。「揺るぎなき日米同盟の再確認」と題した文書はこれに先立ち発表した。

 冒頭で日米同盟を「インド太平洋と世界における平和、安全、繁栄の礎の役割を60年以上にわたって果たしてきた」と評価し、同盟関係を強化すると強調した。「アジアや世界での中国による挑発行為などの共通課題に協力して取り組む」と言明した。

全文は掲載元でご覧ください

【関連記事】

【 掲載媒体 / Screen capture 】