首相、「従軍慰安婦」の教科書記述認めない考え「政府の統一見解踏まえ対応」

掲載媒体 : 産経新聞

 菅義偉首相は10日の衆院予算委員会で、政府が「従軍慰安婦」との表現を不適切とする答弁書を閣議決定したことを踏まえ、今後の教科書検定で「従軍慰安婦」との表現が認められなくなるとの見通しを示した。「文部科学省が教科書検定において政府の統一的な見解を踏まえ適切に対応すると承知している」と述べた。

【関連記事】


【 掲載媒体 / Screen capture 】