超高級果物を韓国にパクられ放題の日本 ひと房140万円のブドウまで「打つ手ナシ」とは...

掲載媒体 : J CAST 会社ウォッチ

安倍晋三前首相が半導体部品を輸出規制したことで2019年7月に始まった「日韓経済戦争」だが、それよりはるか前から続いている日本と韓国の「経済戦争」がある。超高級ブランド果物の栽培・販売をめぐる「日韓フルーツ戦争」だ。

最近は、ひと房140万円もする石川県産の超高級ブドウ「ルビーロマン」が「無断」で、韓国内で栽培・販売されていることがわかった。

これまでも一方的に負け続けている日本だが、それが今でも「打つ手ナシ」だという。いったいどういうことか――。

韓国農家「日本は先進国だから大目に見てほしい」

なんと、ひと房で百数十万円、ひと粒で5万円以上もする超高級ブドウがあるのをご存じだろうか。石川県が開発した「ルビーロマン」だ。2021年7月16日、石川県金沢市の金沢中央卸売市場は、「ルビーロマン」をめぐる2つの新記録で沸いた。

【関連記事】


【 掲載媒体 / Screen capture 】