河野氏が石破氏に協力を要請 自民総裁選

掲載媒体 : 産経新聞

自民党総裁選(17日告示、29日投開票)をめぐり、出馬を表明している3氏は13日、支持拡大への動きを加速させた。河野太郎ワクチン担当相は立候補を模索する石破茂元幹事長と面会し、今回の総裁選と首相就任後の政権運営に協力を求めた。石破氏は「さらに深く考えて結論を出したい」と述べるにとどめ、15日の石破派(水月会、17人)の臨時総会で対応を明らかにする方針だ。

河野氏は石破氏との面会で、「当選したら挙党体制でいかないといけない」と協力を求めた。連携の可能性が指摘される両氏は「保守」の概念や党の在り方などの見解がほぼ一致したという。石破氏は記者団に「非常に意味のある時間だった」と振り返った。

全文は掲載元でご覧ください

【関連記事】


【 掲載媒体 / Screen capture 】