仏軍事学校報告書で中国の世界浸透手段が明るみに

掲載媒体 : NTDTV

フランス国防省が管轄するフランス軍事学校戦略研究所(IRSEM)が9月20日に発表した、中共の影響力に関する分析報告がセンセーションを巻き起こしています。この報告書では中共が世界規模で試みている、世界に影響力を与える方法や各国への浸透方法、世界をコントロールする方法を全面的に明らかにしています。フランスの複数のメディアはこの報告書について次々と報じています。

646ページにわたる報告書は、50人余りの専門家が2年間かけて調査研究を行って、フランス軍事学校戦略研究所のジョンジェネ・ヴィルメール校長と、情報・中国問題専門家のポール・シャロン氏が執筆しました。調査中、フランス国防省調査報告専門家チームの総責任者は、すべての親中派研究者、中国研究者、親中派の研究所と政治家と意図的に距離を置きました。

全文は掲載元でご覧ください

【 掲載媒体 / Screen capture 】