【仏軍事学校報告書レポート2】中共はスウェーデンを「試験場」に選んだ

掲載媒体 : NTDTV

フランス国防省管轄の政治研究機関が発表した報告書の中で、2018年頃に中共が「戦狼式外交」を広範に繰り広げて、スウェーデンを中共の試験場にしたと明らかにしました。

中共の駐スウェーデン大使、桂従友(けい・じゅうゆう)氏が9月24日に辞任したことが明らかになりましたが、スウェーデンメディアは同大使を懐かしむ人は多くはないと報じました。

桂従友氏は2017年にスウェーデン大使に就任しました。大使就任後、スウェーデンのジャーナリストやシンクタンク、政治家や政府までもを対象に恫喝を繰り返すなどして、その言動は何度も物議を醸しました。元大使の横暴な態度は、普段は手を取り合うことの少ない各政党が合同で、同大使の追放を要求するほど注目を集めていました。

桂従友元大使の在任中、中国とスウェーデンの関係は著しく悪化し、元大使も「戦狼式外交官」と認識されていました。


【 掲載媒体 / Screen capture 】