台湾に関する合意の順守で中国国家主席と一致=バイデン氏

掲載媒体 : ロイター

[ワシントン 5日 ロイター] - バイデン米大統領は5日、中国の習近平国家主席との協議で台湾に関する合意の順守で一致したと明らかにした。ホワイトハウスで記者団に語った。

バイデン氏は米国の「1つの中国政策」と「台湾関係法」に言及したとみられる。米国は1つの中国政策の下、台湾ではなく中国を公式に承認している。また、台湾関連法は、中国と外交関係を確立する米国の方針について、台湾の将来が平和的手段によって決定されるという期待に基づくものであることを明確にしている。

バイデン氏はまた、9月9日に習主席と行った90分間の電話会談に言及したとみられる。約7カ月ぶりとなった同会談では米中の競争が紛争につながることを回避する必要性について協議した。

【関連記事】

【 掲載媒体 / Screen capture 】