次期駐中米国大使、「中国、集団虐殺などやめるべき…新型コロナ起源究明を妨害」

掲載媒体 : Share News Japan

次期駐中米国大使に指名されているニコラス・バーンズ元米国務次官は20日、中国に対しコロナウイルスの起源を究明するのを妨害したり、少数民族の人権弾圧と台湾への圧力を止めるよう促した。

ロイター通信によると、バーンズ氏はこの日の上院外交委員会の公聴会で中国に向けかウイグル地域の集団虐殺、チベットの虐待、台湾に対する圧力を中断すべきと話した。

【関連記事】


【 掲載媒体 / Screen capture 】