中国の核弾頭増強にどう対峙するか 軍拡に平和を唱えるだけのお花畑議論は無意味、「目には目」がリアルな対応

掲載媒体 : zak zak by 夕刊フジ

米国防総省は、中国が保有する核弾頭が2030年までに1000発を超えるとの見方を示した。

 こうした具体的問題に対してどのような意見を言うかで、議論が「お花畑」か「リアル」かが分かる。

 お花畑議論では、「中国と話し合え」となる。実際には、中国が一方的に核弾頭を増強してきたわけで、これをいまさら減少させるはずはない。お花畑論者は「粘り強く中国と交渉せよ」と言うだろうが、その間にも核弾頭の増強は続く。

 はっきり言えば、軍事力のない日本の意見など、中国は聞く耳を持たない。国際社会では、どのような交渉でもギブ・アンド・テークなので、平和主義はまず意味を成さない。


【 掲載媒体 / Screen capture 】