みずほ、海外送金で外為法違反 障害で月内に最終処分へ

掲載媒体 : 日本経済新聞

金融庁は今年8件のシステム障害を起こしたみずほ銀行と親会社のみずほフィナンシャルグループ(FG)に対し、月内にも追加の業務改善命令を出す。度重なる障害で企業取引を含め多くの利用者に影響が出たことを重くみた。障害時に海外送金で外為法違反の疑いのある対応をしていたことも新たに判明し、経営責任は一段と重くなる。障害が頻発する異常事態を収束させる再発防止策が問われる。

金融庁は近く、今年3月以降、続けてきた検査の結果をみずほに通知す...

全文は掲載元でご覧ください

【関連記事】

元銀行員が解説!みずほ銀行システム障害問題。金融庁から厳しく「検査」の意味。ガバナンスにもメス|上念司チャンネル ニュースの虎側


【 掲載媒体 / Screen capture 】