武蔵野市、住民投票条例提案 外国人と日本人区別せず

掲載媒体 : 産経新聞

東京都武蔵野市は19日、住民投票で外国人と日本人を区別せずに投票権を認める条例案をこの日開会した市議会に提案した。松下玲子市長は施政方針演説で「二元代表制を補完し市民参加を進めるため、常設型の住民投票制度の確立を目指す」と述べた。12月21日の本会議で採決が行われる予定で、可決された場合、市は令和4年度中に施行するという。

条例案では、市内に3カ月以上住んでいる18歳以上の日本人と定住外国人に投票権を認める。特別永住者らに加え、日本人配偶者や留学生、技能実習生らも含まれる。在留期間などの要件を設けず、日本人と同条件とするのは大阪府豊中市、神奈川県逗子市に次いで全国3例目となる。

全文は掲載元でご覧ください

【関連記事】


【 掲載媒体 / Screen capture 】