「親中派」林外相の「ありえない発言」が招く大惨事…米中「二股外交」は失策だ<br>海外から疑念の目を向けられることに…

掲載媒体 : 現代ビジネス

外務大臣が、テレビ番組で異例の発言

岸田文雄政権が、米国と中国の双方にいい顔をする「二股外交」を展開しそうだ。林芳正外相は中国からの訪問要請を前向きに検討する姿勢を示したが、自民党内からは早くも異論が出ている。この問題は、岸田政権を揺るがす「時限爆弾」になりそうだ。

林外相は11月21日、出演した民放テレビ番組で、18日に電話会談した中国の王毅外相から、訪中を打診されたことを明らかにした(https://www.nhk.or.jp/politics/articles/lastweek/72466.html)。外務省は会談後の発表で打診の事実を伏せていたが(https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press1_000637.html)、大臣が自ら公表した。

【関連記事】


【 掲載媒体 / Screen capture 】