愛媛県で14年かけて開発されたミカン「甘平」が、韓国オリジナルブランド「タムジンヒャン」として販売、海外輸出される

掲載媒体 :

チョ・グンヨン記者=チョンナム江津郡では亜熱帯果樹「レッドヒャン」収穫が真っ最中だ。

レッドヒャンは江津館内13農家(4.2ha)が栽培しており、「探進郷」ブランドとして発売されている。

レッドヒャンは日本で作った満感類品種で、韓国では済州島で初めて栽培が始まった。

豊富な果汁と高い糖度、適切な酸度を一緒に味わうことができ、冬季の季節の果物となっている。

江津郡は気候変動に対応し、労働削減型有望果樹を育成するため、2014年からレッドヒャン栽培を始めた。

キム・チュンギ農業技術センター所長は13日、「気候変動で亜熱帯果樹栽培赤地が次第に広がっている」とし「アップルマンゴー、満感類など亜熱帯果樹を所得作物として育成している」と話した。

全文は掲載元でご覧ください

【関連記事】


【 掲載媒体 / Screen capture 】