売電のウクライナ撤退は酷いものだが案の定

博士77
その後のアフガニスタン、タリバンの軍事的勝利だが、98%の国民が満足な食事を摂れず。カブール陥落前まで1ドルは77アフガニ、直後に99に下落した。直近では1ドルが112アフガニ。13日は一気に1ドル=125アフガニへと暴落している。
 とくに食料品、ガソリンの価格高騰は凄まじく、そのうえドルが払底し、ATMは機能しないところが多い。

 WFP(世界食糧プログラム)は、「およそ98%のアフガニスタン国民は満足な食事が出来ていない」とし、UNICEFは「400万児童が学校に通えず、また22万人の教職員が過去半年、給料未払い状態となっている」とした。
 米国は制裁の一部解除を検討しており、少なくとも米国在住のアフガニスタン人が、アフガニスタンの銀行へ送金できるようにする方針だというが・・・

 国家紛争の影で泣きをみるのは、まずパンピーであり女子ども。そして見通せないリーダーをいただく、遠いアジアの国もその影響を免れ得ない。下手すれば第2のウクライナになるから。