石原慎太郎氏が死去 各界から悼む声

掲載媒体 : NHK NEWS WEB

東京都知事や運輸大臣などを務め、芥川賞作家としても知られる石原慎太郎氏が、2月1日、亡くなりました。89歳でした。
石原氏の死去を受けて、各界から悼む声が上がっています。

岸田首相「重責を担い大きな足跡を残された 寂しいかぎり」
岸田総理大臣は、総理大臣官邸で記者団に対し「心より哀悼の誠を捧げる。石原さんは、1956年に芥川賞を受賞し、その後、政界に転じて衆参両院で活躍された。その間、環境庁長官、運輸大臣と重責を担い大きな足跡を残された。そして東京都知事として13年間、都政のトップを担われた」と述べました。

そのうえで「政治の世界における偉大な先達が、またお一人お亡くなりになられたことは寂しいかぎりだ。改めてその功績に心から敬意を表するとともに、お悔やみを申し上げたい」と述べました。

自民 安倍元首相「既成概念に挑戦し続けた政治家」
自民党の安倍元総理大臣は、国会内で記者団に対し「まだまだお元気だと思っていたので、大変驚き、本当に残念だ。戦後に形づくられたさまざまな既成概念に挑戦し続けた政治家で、東京都知事としても、特に環境面で大きな実績を残し、批判を恐れず、言うべきことは言う姿勢で一貫していた。さっそうとした姿が今でも目に焼き付いている。心からご冥福をお祈りしたい」と述べました。


2012年4月、ワシントンでの講演で、東京都の尖閣諸島購入について語る石原慎太郎都知事(共同)

全文は掲載元でご覧ください

【関連記事】