富の再配分どうなってる?

博士77
 勤労者が所得を得ればそれに対して所得税が課税され強制的に徴収されている。その残りを可処分所得と呼ぶ。自由につかってもいいお金という意味になる。しかし、家やヘリコプターを持てば、固定資産税がかかるし、クルマを買えば自動車税が課税される。そして日々必要なモノを買い求めれば、消費税が待っている。

 カネを稼げば課税され、稼いだカネを遣っても課税される。

 そんなことで国民は稼いだ金額の半分以上を税金として徴収されているのが現状だ。「政(まつりごと)は富の再配分」と言われて来たが、正しい遣われかたをするならまだしも、国民が納得いく配分が為されているとも思えない。

 東京都の治安を守る警視庁の予算6,484億円に対して国土の12倍、474平方キロメートルもの広さの海を守る海保の予算はたったの2,527億円、総務省から、集めてよいと言われ不評を買いながらもⓃⒽⓀが国民から巻きあげてる受信料収入は6,895億円。

 命懸けで国を守る海保の三倍ものカネが特亜三国の肩を持ち、民放と然して変わらぬヘタレ番組を放送するⓃⒽⓀに渡ってる。

 なんか変。