政治家は国民のために行動せよ

博士77
 政治は自国民に向けて行うもの。そう言う観点から見るとアメリカは徹底していて中国はその次を行ってる。今回のロシアの蛮行も然り。

 アメリカには測り知れぬ程の石油が埋蔵されている。またリン鉱石などレアメタルも同じ。しかし世界の石油やリンが枯渇するまでは採掘してはならぬと連邦法で決めている。このところガソリンがとんでもない価格になってもこの掟は曲げない。将来の米国の為に持てる資源をリザーブしているのだ。

 一方、中国は環境を汚染しようが隣国に迷惑をかけようがお構いなし。自国の繁栄と発展に向け蛮行に及んでいる。これは劣っている国力を高める為だ。

 よってどちらの国も環境問題など自国に不利になる条約は批准しない。モラルや国際協調よりも自国と自国民を優先させてる。

 日本はどうだろうか?政府も政治家も綺麗事ばかり、次の選挙で勝つことにだけに注力してるだけ。

 例えば大気汚染、隣国同志が犇(ひしめく)EUなら足並み揃えてCO2の削減に取り組まねばならないが風は西から東に吹くもの。日本で死ぬほどCO2を出したところで一日あれば太平洋上に抜けて行く。

 質量44のCO2は29程の大気より重く途中で雨にも遭うだろうから程なく海水に吸収されて植物プランクトンの光合成に使われそれを動物プランクトンが食べ小魚に食べられ鯛や鮪に捕食される食物連鎖のベースになる。そう言う地政学的特殊性のことを考えず言わずCO2を悪者とする考えに付和雷同、レジ袋がどうの化石燃料がどうのと軛(くびき)をかける。全く国民の為にならない。

 この先、ロウ戦争でロシアが混乱し消滅する機を捕らえて北方領土を奪還するくらいのことはやって然るべし。太平洋戦争で日本が降伏したのちに宣戦布告して領土を毟り盗っているのだから。